心を込めて作った、1点もの鉢植え観葉植物の通販SHOPです。 



美しい自然樹形のウンベラータを、
貫入のアンティークな風合いと、ツートーンカラーが魅力的な、ローマポットに仕立てました。


がっしりと太い幹が、バランスよくたくさんの枝葉を伸ばしていて、
美しい自然樹形のウンベラータです*
いつも姿良く質も高いウンベラータを作られる生産者さんのウンベラータで、
今回も元気いっぱいです*


ローマポットの貫入は、よく見ると、グレーっぽいものと透明のもの、2種類あり、
立体感のある表情をしています。
下4分の1のカラーは、ブロンズグリーンくらいの、なんとも言えない深みのある色で、
全体をキリリと引き締めながら、同時にアンティークな雰囲気も演出してくれています*
白の色味も、オフホワイトに近いような暖色系の白で、優しい雰囲気*
風合いの良さと、シンプルな合わせやすさが両立された、ステキなポットです。



土表面は、バークチップで化粧しています。



*ATTENTION
  ウンベラータは葉が大きく薄いため、他の種類に比べ、
  葉に傷(小さな穴や破れ、茶変等)がつきやすい種類です。
  (育成段階、梱包・輸送段階で付いてしまうようです。当店からの梱包配送時は、
   傷が付くことのないよう、細心の注意を払って、梱包・発送しております。)
  傷の少ないものを、厳選に厳選を重ねて仕入れを行っておりますが、
  それでも、どこかしら傷がある葉がある場合が多い種類です。
  このような外傷性の傷は、生育上の問題はございませんので、
  若干の傷は、ウンベラータの特性として、何卒、ご理解、ご了承くださいませ。


line
line















ウンベラータ
科・属クワ科フィカス属 常緑小高木
原産地アフリカ
耐寒温度7℃以上 
明るさを好むが耐陰性あり
水遣りやや水を好む
用土土植え
全体のサイズw75×d70×h140cm
鉢のサイズΦ24×h26cm
鉢の材質陶器
送料区分LLサイズ
撮影日2016.05.22
line line

ウンベラータ

ATTENTION / ご注文前にご確認ください

植物の葉には、小さなキズや若干の縮れ、色落ち、
葉先の枯れ等ある場合があります。
生育過程でできたり、古い葉の老化現象としてできたりします。
これらについては、生きている植物の特性として、
ある程度は許容とさせていただいております。
ただ、これらは、無いか少ないほうが良いことに間違いはありませんので、
tree treeでは独自に厳しい基準を設けて、
基準を超えるような状態のものは、例え生育上問題がないとしても、
出荷しておりません。
樹形の特に立派なものは、枝張りも良いため、生産者さんからの輸送中に他の株とぶつかりやすく、
枝先の葉などを中心に、他のものに比べて、やや傷が入りやすくなっています。
申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいませ。
(当店からお客様への輸送においては、細心の注意を払って梱包しており、
 新たに傷が入ることは、基本的にありません。)

当店で扱う鉢や花器は、ハンドメイドのものや、
風合い感(貫入系、シャビー系等)を高めたものが多くあり、製法上、
若干の色ムラ、気泡、釉飛び、歪み、釉薬のごく一部剥離等、ある場合があります。
また、セメント系の鉢は、素材の特性上、一部表面にヒビ(機能性を損なわない範囲での)
が入る場合があります。
また、ペイントが施された鉢は、ペイントの塗膜面に薄いヒビが入る場合があります。
これらは、見方や位置によっては、破損や不良としてのヒビや割れに見える場合もあるかもしれませんが、
破損や不良ではなく、通常品としての扱いになります。
また、鉢に使用される素材や塗料によっては、顔を近づけてよくよく嗅げば、
なんらかの匂いが僅かにする場合もございます。
釉薬がけの陶器や磁器、ガラス以外の材質の鉢で、ややその可能性があります。
匂いに非常に敏感な方は、その点をよくご考慮くださいませ。

植物と同様、鉢についてもひとつひとつ厳しくチェックしており、
当店で納得できる状態のもののみ、出荷しております。
配送中に破損していた場合は、速やかに対応させていただきますが、
破損ではない場合の上記のような微細な点は、仕様の範囲内のこととなり、一切対応はいたしかねます。
ご注文をいただいた時点で、上記内容はご了承いただいたものとさせていただきます。


植物は、生きている自然物です。また、土の中には目に見えない微生物などがいて、
植物の根が栄養を吸収するのを手助けしたりしています。
つまりは、植物や鉢の中の土には小さな生態系を含んだ自然があるということで、
自然界では人間が予期しないことが起こる場合があります。
その予期せぬ出来事が、ご購入者様にとってあまりよくないことの場合もあるかもしれません。
しかしながら、それが植物や自然を部屋に取り入れるということです。
かと言って、それほど大げさな予期せぬ出来事が起こることはないと思いますが、
小さな出来事を大きく感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

植物を部屋に取り入れるということが、どういうことかお考えの上、ご購入をご判断ください。