心を込めて作った、1点もの鉢植え観葉植物の通販SHOPです。 



貫入とクラック(ひび)のコンビネーションが、
絶妙な風合いを醸し出す、
貫入 crack finish potに、
サンスベリア・バキュラリスを仕立てました。

サンスベリア・バキュラリスは、
すっと伸びたフォルムがオブジェのような、
美しい種類です。

pot表面には、貫入とクラックが程よく入り、
とても深みのある表情をたたえています。

こちらは、セラミス植えになりますので、
このまま水やりができます。

     ⇒貫入crack finish potについて詳しくはこちら


line














サンスベリア・バキュラリス(ミカド)
科・属リュウゼツラン科サンスベリア属
原産地アフリカ、南アジア
耐寒温度10℃以上
明るさを好むが耐陰性あり
水遣り乾燥を好む
用土セラミス植え
全体のサイズw18×d15×H60cm
鉢のサイズΦ14.5×h19cm
鉢の材質陶器(底穴なし)
送料区分Mサイズ
撮影日20011.11.29


line

サンスベリアは、硬質な多肉質の葉と、
葉に入る様々な模様が美しい観葉植物で、
最近では、マイナスイオンの放出量が多い
ということでも人気になりました。

ローレンチ、ゴールデンハニー、
ミカド、スタッキー、
バンテルズセンセーションなど、
様々な種類があります。

多肉植物なので、乾燥を好み、
生育期でも、水のやりすぎによる根ぐされには、
注意が必要です。
逆に言えば、水やりの頻度は少なくて済みます。

また、寒さに弱いため、
冬の室内温度は、10℃を下回らないように
管理する必要があります。

 *詳しい育て方は、
  育て方カードに記載いたしております。






















底穴のない容器専用に開発された
ドイツ製の高級用土で、
吸水性、保水性、通気性に優れているのが特徴です。

セラミスの登場で、底穴のない容器での植物の育成が、より身近になりました。

セラミスはその多孔質な構造から、
自重の100%以上の水を吸収保持することができ、
植物は必要なときに必要なぶんだけ、
セラミスから水を吸収することができます。
すみやかで豊富な水の吸収力は、
水やりの水が過度に溜まるのを防止し、
根への通気性を確保します。

土植えと比べると、
「1回の水やりの量は少なめで、水やりの間隔は長め」
というのが、セラミス植えの水やりの大まかなイメージです。

水やりのタイミングは、
セラミスの色で判断します。
セラミスが水を含んでいるときは、
濃いレンガ色をしていますが、
水がなくなってくると、
色が白っぽく薄くなってきます。
「セラミスが白くなったら水やり」
 (容器の5分の1程度)が基本ですが、
植物の種類や季節に応じて、
さらにタイミングを微調整するのがベストです。
詳しくは、育て方カードに記載しています。

また、セラミスは、底穴のない鉢・花器で、
そのまま育てることができるので、
水やり後の鉢皿にたまった水の処理や、
鉢皿からの水こぼれなどの心配がいらず、
見た目上も、
よりスッキリまとめることができるのも、
セラミス植えの大きな利点のひとつです。
line line

サンスベリア バキュラリス

ATTENTION / ご注文前にご確認ください

植物の葉には、小さなキズや若干の縮れ、色落ち、
葉先の枯れ等ある場合があります。
生育過程でできたり、古い葉の老化現象としてできたりします。
これらについては、生きている植物の特性として、
ある程度は許容とさせていただいております。
ただ、これらは、無いか少ないほうが良いことに間違いはありませんので、
tree treeでは独自に厳しい基準を設けて、
基準を超えるような状態のものは、例え生育上問題がないとしても、
出荷しておりません。
樹形の特に立派なものは、枝張りも良いため、生産者さんからの輸送中に他の株とぶつかりやすく、
枝先の葉などを中心に、他のものに比べて、やや傷が入りやすくなっています。
申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいませ。
(当店からお客様への輸送においては、細心の注意を払って梱包しており、
 新たに傷が入ることは、基本的にありません。)

当店で扱う鉢や花器は、ハンドメイドのものや、
風合い感(貫入系、シャビー系等)を高めたものが多くあり、製法上、
若干の色ムラ、気泡、釉飛び、歪み、釉薬のごく一部剥離等、ある場合があります。
また、セメント系の鉢は、素材の特性上、一部表面にヒビ(機能性を損なわない範囲での)
が入る場合があります。
また、ペイントが施された鉢は、ペイントの塗膜面に薄いヒビが入る場合があります。
これらは、見方や位置によっては、破損や不良としてのヒビや割れに見える場合もあるかもしれませんが、
破損や不良ではなく、通常品としての扱いになります。
また、鉢に使用される素材や塗料によっては、顔を近づけてよくよく嗅げば、
なんらかの匂いが僅かにする場合もございます。
釉薬がけの陶器や磁器、ガラス以外の材質の鉢で、ややその可能性があります。
匂いに非常に敏感な方は、その点をご考慮くださいませ。

植物と同様、鉢についてもひとつひとつ厳しくチェックしており、
当店で納得できる状態のもののみ、出荷しております。
配送中に破損していた場合は、速やかに対応させていただきますが、
破損ではない場合の上記のような微細な点は、仕様の範囲内のこととなり、対応はいたしかねます。
ご注文をいただいた時点で、上記内容はご了承いただいたものとさせていただきます。

S,Mサイズくらいであれば、あまりいませんが、
Lサイズ以上のの大きい植物になれば、目に見えるか見えないかくらいのものも含めれば、
土中に何かしら虫(植物にとっての害虫ではない)はいる場合が多いです。
住んでいるだけで通常は、鉢や土の外には出てきません。

土の中の虫をすべて殺すような強い薬を使えば、植物も死にます。
既存の土を全て落とし、全て新しい土と入れ替えれば、植物は死にます。
また、薬を使うこと自体が、植物の健康を害するリスクと隣り合わせです。

ですので、当店では、ほぼ薬害がないと実証されている総合的な薬剤(効く虫効かない虫がいます)は使用しますが、
それ以上の虫(植物にとっての害虫ではない)対策での薬剤使用はできません。
元気な植物をお届けすることが、第一と考えるからです。

ただし、植物にとっての害虫対策としての薬剤は、種類に合わせて別途使用します。
また、発送時やそれまでの管理中に、目につく虫(植物にとって害虫ではなくても)がいた場合も、
随時対処しています。

虫の完全な駆除と植物の健康は両立不可能ということを、どうかご理解ください。
虫の可能性をゼロにはできないということは当店に限ったことではなく、どの販売店でも同じです。

虫が出た場合、種類に合わせた市販の薬剤で多くの場合対処が可能です。
また、そもそも虫がずっと出続けるということは通常ありません。

上記の事柄を鑑み、虫を理由とした返品、交換、駆除等の対応はお受けいたしかねます。
ご注文と同時に、上記の虫に関わる事柄について、ご理解ご了承いただいたものとさせていただきます。

ちなみに、当店では長年常時たくさんの植物を管理していますが、
管理場所の床面を何匹も虫が歩き回るような事象には、遭遇したことはありません。
土の中にはいたとしても、普通は外には出てきません。


連絡がつかない、住所がおかしい等、ご注文に不審な点がある場合は、ご注文は予告なく取り消しさせていただく場合があります。

ご注文後の当店からのメールが届かない場合は、メールアドレス誤り等がある可能性がありますので、
当店からのメールが届かない場合は、速やかにご連絡くださいませ。